格闘技の骨法を取り入れた掌打が得意技として知られています。

MENU

謎多き覆面レスラー

 

獣神サンダー・ライガー選手は新日本プロレスに所属している数少ない覆面レスラーの一人で、世界的にも広く知られている1964年生まれのベテラン選手です。

 

獣神サンダー・ライガー誕生の経緯

 

獣神サンダーライガーの写真

獣神サンダー・ライガー選手は広島県広島市の出身ですが公式には漫画家の永井豪氏の自宅を出身地としています。

 

覆面レスラーの性格ゆえ本名や出身地などは公表されていないのですが、高校時代からレスリングに親しみ卒業後にはいきなりメキシコに渡り修行を重ね、帰国後に新日本プロレスに入団しました。

 

当初は本名で試合を行なっていたのですが、1989年に大きな転機を迎える事になり、当時のテレビアニメ獣神ライガーとのタイアップで覆面レスラーに転身したのを契機に現在へと継承されています。
このテレビアニメの原作者である永井豪氏の手によりギミックが生み出されたことから、現在もなお出身地について公式では永井豪氏の自宅とされているのです。

 

ファイトスタイルは1990年代に盛んに行なわれていたニュージャパンのジュニアヘビー級のスタイルである事が大きな特徴で、実はAJスタイル選手の名前にあるスタイルとは獣神サンダー・ライガー選手への憧れから拝借したとされています。

 

 

幅広くある得意技

獣神サンダー・ライガー選手の得意技としては格闘技の骨法を取り入れた掌打が有名で、アッパーやマウントから入れる掌打などいくつかのバリエーションがあり、また関節技でも腕を絡め取る鬼殺しと呼ばれる骨法由来の技も有しています。

 

またそれ以外にも投げ技ではC.T.Bや垂直落下式ブレーンバスターなどから、固め技関節技飛び技などを始めとして得意とする技が非常に多くあります。

 

 

 

またこれまで獣神サンダー・ライガー選手が獲得したタイトルについては非常に数多く、IWGPジュニアヘビー級王座だけでも11回も獲得しています。
またそれ以外にもノアでは第8代GHCジュニアヘビー級王座を、またDRAGON GATEでは第7代オープン・ザ・ドリームゲート王座などと他団体でも多くを獲得しています。