酒飲みキャラとしても知られる矢野選手の試合の特徴

MENU

悪行を繰り返す実力派ヒール

 

矢野通選手は新日本プロレスに所属している技巧派ヒールで、破戒入道YTRなど様々なニックネームで親しまれている1978年生まれの選手です。

 

矢野選手の才能と魅力

矢野通選手は東京都荒川区の出身で、幼い頃からアマレスを始め中高時代には全国大会で優勝するなど早くもレスリングで頭角を現します。

 

矢野選手

日本大学に進学後もレスリングの大会で優勝を繰り返し、卒業後にまずは新日本プロレスのレスリング部門である闘魂クラブに入団した、翌2002年になり新日本プロレスへと入団しました。
入団後もパンクラスの大会に出場するなど総合格闘技も行なったのですが、2004年からは現在に続く酒飲みキャラに大きく転じる事になり、ヒールとしての本格的な道を歩むようになりました。

 

その後も様々な流れはあったものの現在では中邑真輔選手や石井智宏選手を始めとする複数のメンバーと共に2009年にヒールユニットのCHAOS (ケイオス)を結成し現在に至ります。
ファイトスタイルとしてはやはりヒールとしての本領を発揮する事になり、実力派である事は間違いないのですが反則攻撃場外乱闘などを繰り返しています。

 

さらには相手選手の髪をはさみで切り、パフォーマンスのパクりやベルト強奪などを始め悪行の数々を繰り返していて、いずれも笑いに昇華されています。

 

酒好きから来る得意技の名前

矢野通選手の代表的な得意技としては、日本酒の名称を由来とした鬼殺しが挙げられ、フィニッシュ・ホールドとして強烈にリングに叩きつける変形型のフォールダウン・パワーボムを繰り出します。
またそれ以外にも日本酒の八海山や焼酎の黒霧島などを始めとして、持ち前の酒好きに関連した様々な名称の技を有しています。

 

また酒好きが高じて自身の出身大学に程近い水道橋にスポーツバーを出店しており、試合が無い時には自ら接客をしています。

 

これまで獲得しタイトルは様々あるのですが、2012年3月にテンコジからIWGPタッグベルトを強奪した後に、実際に自身も同年5月の試合において王座を獲得したのですが、日頃の行いが大きく祟り王座剥奪の憂き目にあいました。

 

前回更新記事
天山広吉