エディオンアリーナ大阪(旧・大阪府立体育館)では、メジャー団体が多数試合を開催しています。

MENU

大阪のプロレス会場

大阪ドームなどは、5000人クラスの大会場ですが、これ以外にも小規模~中規模程度のプロレスで利用できる会場が数多く存在しています。
関西でもプロレスやボクシングなどの格闘技に関する熱は高く、プロレスとともに会場も増えてきました。

 

尼崎市記念公園総合体育館

尼崎市記念公園総合体育館は、収容人数が5000席の中規模会場ですが、プロレスの試合が精力的に行われています。
その他にもバレーボールやバスケットボールなどの試合会場として活用されることが多いです。

 

大阪プール

大阪プールは、常設の水泳会場が水泳やアイススケート場に利用されている市立会場ですが、ボクシングやプロレスの試合なども精力的に行われています。
大阪にも数多くのプロレスの試合で使われる会場があります。

 

大阪府立体育館

大阪府立体育館の第一競技場ではプロレスやボクシングなどの試合が行われ、収容人数は約3000人程度の中規模会場となっています。
プロレスリングノアや新日本プロレスなどのメジャー団体が多数試合を開催しています。
ちなみに現在大阪府立体育館の名称は命名権を獲得したエディオングループにちなんで「エディオンアリーナ大阪」に変更されています。

 

京都府立体育館

第一競技場の座席数は8000人を超えるなど大阪府立体育館よりも規模の大きな会場である京都府立体育館は、プロレスやボクシングなどの格闘技のビッグマッチも行われる会場です。
こちらも命名権を獲得した島津製作所により、「島津アリーナ京都」の名称で親しまれています。

 

神戸サンボーホール

神戸サンボーホールは、神戸空港に近い多目的ホールですが、プロレスの試合も多く開催されています。
ただし天井が低いという特徴があるため、空中技の使用には一定の制限が加わるのでアクロバティックな技を得意とするプロレスラーにはおすすめできない会場となっています。